ビジネス英語についての本などを感想など

英語のテナント人サイト!イングリッシュの勉強するぞ!

HOME

ビジネスにおいて英語が重要になっている

今の世界はグローバル世界になっています。

そのため英語の重要度が極めて増しているのです。

日本における世界的な企業と言えばトヨタ自動車でしょう。

しかし、トヨタの売り上げを見て見ると日本国内でも売り上げはせいぜい1割程度のものしかありません。

つまり、今の世の中では如何にして、国外で販売していくかが鍵になります。

もちろん、様々な国の言葉を覚える事が出来ればいいのですが、せいぜい覚えたとしても10か国語が限界ではないでしょうか?しかし、世界共通の言語として英語があるので、英語一つを覚えるのがお勧めです。

しかし、テストの勉強と違ってビジネスシーンの英語では、重要なポイントをとくにかく素早く覚える事が重要です。

そうした方のために、ありがたい本がアマゾンや楽天ブックスなどで販売されています。

もちろん、速聴などを使った本もありますし、賛否両論の本などもあります。

実際に、カリスマ経営コンサルタントの神田昌典さんの英語の本などはかなり賛否両論がありました。

神田昌典さん英語の書籍についても感想を書いておきました。

読んでみたビジネスシーンでの英語勉強法の感想になるのですが、参考書選びになればと思います。

ビジネスパーソンの英文メール術の感想

学校での英語の勉強とも、会話のための英語ともまた違うのが、ビジネスにおける英語です。

基本的には学校で習うような英語の基礎文法を習得し、なおかつ会話に使える生きた英語力を身につけておくことでクリアできるビジネス英語なのですが、やはり良い仕事、円滑な関係を築こうと思うのなら、ビジネスの場面に適した英語力を身につける必要もあるといえます。

自分や、仕事の内容をアピールする英語力や、交渉術など、ちょっとしたコツが重要になってくるのです。

ビジネスパーソンの英文メール術では、そんなビジネスの場面での英語に着目し、挨拶、問い合わせ、アポ、交渉のいずれも円滑にすすむような英語の技術を教えてくれます。

実際に使用できるテンプレート50もついているので、読んですぐにビジネスシーンに役立てられると評判を呼んでいます。

「お世話になっています」など、通常の英会話術の本にはのっていないような文例が紹介されているほか、時候の挨拶の有無やファーストネームの用い方など、英語圏の文化や風習について触れながら具体的な文章を提示してくれるので、外国人と仕事をするときに気分を害させてしまう心配もなくなるでしょう。

受験対策や外国人の友達と交流する会話力を身につけたいという人には役立たないというデメリットはありますが、ビジネス英語を身につけたい人にとってはメリットだらけの一冊です。

お金と英語の非常識な関係(上)(下)の感想

お金と英語の非常識な関係(上)(下)は外交官大統領通訳を経験しMBA、外資系企業の日本支社長、独立して4000社のカリスマコンサルタント、そしてベストセラー作家になったという経験を持つ著者が英語を利用してお金儲けにチャレンジするにはどうすればいいかということについて書いた本です。

ほんの少しの英語力でも必ず当たるビジネスモデルとそのノウハウが上巻に、下巻にはムダを省いた英語活用法などが掲載されています。

お金と英語の非常識な関係のメリットは英語が必須の社会人や起業を志す人にとって、英語を使って成功する方法が分かるという点です。

著者によると、日常会話としての英語とビジネスで使える英語は違うそうです。

著者の経験をふまえ、実際に英語を使ってビジネスするにはどのくらいの英語力が必要であるか、またそこまでのレベルにもっていくために効率よく学習する方法が書かれています。

ただし、デメリットは目的が英語をツールとしてビジネスする人のための本であるがゆえに、翻訳家や通訳など英語そのものを職業とする人や、文化などを背景にした本当のコミュニケーションしたい人には向いていないという点です。

起業やビジネスで使う英語のためのハウツー本といえるでしょう。

英語を学ぶのは40歳からがいいの感想

英語を学ぶのは40歳からがいい、3つの習慣で力がつく驚異の勉強法という図書があります。

年をとってからでも英語を学習することができるんです。

もう若くないし暗記力もないから英語をマスターすることは無理だとあきらめてしまってはいませんか?もうあきらめる必要なんてないんです。

コツをつかんで学習することで、実用的な英語を学習することができます。

ビジネスにおいてもやはり英語を習得していれば、役に立つこともかなり多いことでしょう。

キャリアアップにもつなげることができるかもしれませんね。

なのでこの英語を学ぶのは40歳からがいい、を読んでコツをつかみ英語を習得できるとよいですね。

メリットとしては年をとっていても英語ができるんだという自信にもつながりますし、ここに書かれていることを習慣的に行うことで3ヶ月という短期間で英語を話すことができるようになるんです。

デメリットとしてはこの本はあくまで実用的な英会話に向けたものなので、試験のような英語には適していないでしょう。

ですが実用的だということもあって実際のネイティブの方との英会話を行うことができるようになるために必要な本だと言えるでしょう。


その他の記事